現実的に家を建てるならローコスト住宅がお勧め

粘土の家

寒い冬を越すための居住性

住宅

ナチュラル感が人気の理由

近年では家具や雑貨など北欧スタイルが人気となっていますが、同じように住宅を北欧スタイルで採用するのも注目を集めています。北欧とはノルウェーやスウェーデンといった高緯度にあたる地域を指す言葉で、北極に近いためか厳しく長い冬の生活を強いられます。その冬を越すため快適な居住性が求められ、長い時間をかけて考えられたのが現在の北欧住宅となります。北欧住宅の特徴はシンプルかつナチュラルなもので、森と湖に囲まれた風土から、素材感を全面に出しつつ、動植物のモチーフが取り入れられた暖かみのあるデザインとなっています。また、急勾配となる切妻屋根や広い開口部など、ひと目見てわかる特徴的な外観をしているのも北欧住宅の魅力です。森林に囲まれ、木造建築の住宅に住むという部分で、北欧と日本に共通点があります。寒い冬を越えるために高気密性、高断熱性が必要としてきた北欧では、現在の日本の建築技術に近しいものがあり、受け入れやすいのもポイントでしょう。そうした理由から、北欧住宅は輸入住宅として販売され、木製で三層に重ねられた窓ガラスなど、日本の住宅では決して見られない設備も用いられています。寒さに強い居住性を提供する北欧住宅は、北海道など寒い地域で採用されていますが、地域に関係なく購入する人も少なくありません。太陽の光を多く取り入れるために窓が大きく取られていたり、外壁は白やベージュ、レンガ調を基本にシックなものが多く、建具は木目調のものをメインとします。こうしたナチュラルなスタイルが、慎ましく生活する日本人の琴線に触れ、人気を博しているのです。