さまざまな種類があるうつ病【症状の違いを徹底解剖】

  1. ホーム
  2. 心と体の負担を軽く

心と体の負担を軽く

ハート

病気の理解が大切

何だか体がだるい、何をやっても面白くないなど様々な症状が出てしまううつ病はストレスなどが要因で発症してしまう病気です。しかし、このうつ病の症状は大変複雑で人によって症状の出方は違う為に、なかなか発症している事に気付かない場合もあります。体に出る症状としては食欲の低下や睡眠障害が代表的な症状です。その他、疲労感などの症状も出てくる場合があります。心に現れる症状としては意欲の低下や興味の損失などがあるでしょう。その他にもまだまだ色々な症状が出てくる為、うつ病のサインを見逃さない事が大切です。この様に様々な症状が出てしまううつ病ですが、深刻な状態になってしまうと仕事も手が付かなくなってしまったり、人と会う事さえ億劫に感じてしまい自宅に引きこもった状態になってしまう人も中にはいます。その為、もしうつ病ではないかと感じたら、出来るだけ早く心療内科や精神科に行って相談をする事が大切です。その際、本人だけでは上手く今の状態を伝える事が出来ない場合もあるので、その際は家族や身近な人が一緒に行って代わりに症状を説明してあげましょう。その方が本人も安心しますし、より詳しくドクターに今の状態を説明する事が出来ます。うつ病を発症してしまうと、抑うつ状態が続いてしまいネガティブな考え方になってしまったりその状態が長く続いてしまう可能性があるでしょう。その為、出来るだけ専門の病院である精神科や心療内科に行って治療を行う必要があります。しかし、抑うつ状態の場合、うつ病を発症している本人が治療に消極的な場合があります。だからと言って無理やり病院に連れて行くのは止めましょう。きちんと本人が納得し、行くというまでは優しく見守る事が大切です。病院では抗うつ剤や眠れない人には睡眠薬など処方しながら治療を行っています。また、ネガティブな考え方を改善する為に精神療法など用いながら治療をしているでしょう。心理カウンセラーを通し、なぜ病気を発症しているのか病気の理解や、物の考え方や捉え方の改善を促していきます。薬物療法と同時に精神療法を行う事で、心と体のケアをしっかり行う事が出来るでしょう。最初は本当に治るのか不安になる人もいるかもしれません。しかし、抗うつ剤も時間の経過と共に効果を発揮してくれ、しっかり治療を行う事が出来るでしょう。ある程度通院期間が必要になりますが、きちんと通う事がうつ病を改善する為の最短の手段です。本人だけでは無く、つい周りの人も病気を早く治したいと焦ってしまう場合もありますが、焦ったからといって早く治る訳ではありません。ゆっくりと焦らず、見守る事が大切です。一番辛いのは本人です。その事を周りの人がきちんと理解を示し、見守る体制を作る事が一番の良い事ではないでしょうか。今やうつ病を発症している人は100万人を超えたと言われています。もう他人事ではない時代になってきているのではないでしょうか。そんなうつ病の知識をしっかりと持つ事で、もし身近な人が発症してしまった際に焦らずに対処する事が出来るので、しっかり覚えておく事をおすすめします。