さまざまな種類があるうつ病【症状の違いを徹底解剖】

  1. ホーム
  2. 心と身体に不調が現れたら

心と身体に不調が現れたら

女の人

精神科や心療内科がお勧め

うつ病は心だけでなく身体にも非特異的な症状がいくつも現れる病気で、その種類や程度も個人差が大きいです。市販薬で凌ごうとするケースも多いですが生活に支障をきたすレベルの症状もあるため、体調に異常を感じたら病院の受診をお勧めします。身体に現れる症状は様々で、頭痛や腹痛、下痢、便秘といった具体的なものから貧血や動悸、冷や汗、生理不順など全身の不調も含まれます。通常、このような症状が現れたら内科や産婦人科に足を運ぶことが多いです。しかし検査上では異常が見つからず、対症療法として内服を処方されることが多いです。この場合、根本的な解決にはなりませんが不調は一時的に抑えられるため、日常生活を送る上で少し楽になることはできます。また原因不明の身体の不調が続くこと自体がストレスや悩みとなりうつ病を悪化させることもあるため、身体の症状が軽減されることで快方に向かっていると自分に認識させることができ、うつ病自体も軽くなっていく可能性が期待できます。ただ、中には同じ薬を飲み続けていると効きづらくなってきたり、今まで不調だったのとは別の部位に症状が現れ始めたりということが起こり得るため、やはり根本的な解決を図るのが望ましいです。心の症状としては倦怠感や無気力感、孤独感、強い不安やイライラなど、症状として認識されにくいものがほとんどです。多くの場合、何となく調子が悪いということで片付けてしまったり、つらいけれど薬でどうにかなるものではないだろうと諦めてしまったりするため、病院へ行こうという考えが浮かばないこともあります。ストレスや悩みと向き合うことも大切ですが、まずは病院を頼って日常生活への支障を軽減するのがお勧めです。このような心の不調が認められた場合は精神科や心療内科の受診が一般的です。かつては、うつ病は心の病気なので心に不調が現れると考えられることが多く、そのため精神科で心の治療を行っていました。また心療内科は身体に現れる不調を主に扱うというように分けて考えられていました。今でも精神科と心療内科にはそのような違いが残る病院もありますが、うつ病では心にも身体にも症状が現れるという認識が強まり、今ではどちらの科を受診しても同じような治療を受けられる病院は増えていますし、両方の科を掲げている病院も少なくありません。病院選びには、口コミとその病院の医師がどんな問題に取り組むのを得意としているか、カウンセリングは受けられるかなどが判断基準となります。口コミは通っている患者によるものですが、薬が効いたかどうかや治療効果が高かったかどうかは個人差が大きいためあまり参考にはなりません。どちらかというと病院や医師の雰囲気、待ち時間、診察日時などこれから病院を利用する人にとって参考になる情報を見るのがお勧めです。医師の得意分野は意外と重要で、特にカウンセリングが併設されていない病院の場合、ストレスや悩みを聞きとって診断するのは医師のみになります。人間関係ひとつとっても、学生と社会人、専業主婦では関わる人間のタイプに大きな差がありますし、進路の悩み、金銭の悩みなどライフステージによっても悩みの種類が変わってきます。どの分野にも対応できるとしていることが多いですが、念のためホームページなどで医師の紹介を確認しておくのがお勧めです。カウンセリングは心の症状を和らげるのに欠かせません。抱えている不安や根本のストレスを明らかにし、また話すことで気持ちが軽くなるメリットもあるため積極的に利用すべきです。